婚約指輪と結婚指輪は重ねづけ?
それぞれを単体で購入?

2021.04.30
婚約指輪
婚約指輪と結婚指輪は重ねづけ?それぞれを単体で購入? メインイラスト
婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)は同じブランドで揃えるべき?
それぞれ気に入ったデザインを選んでいいの?
結婚後も出番を増やし、華やかな手元を日常の中で楽しむための選択肢として、今回は、セットリングの魅力をご紹介します。

結婚後も活躍させたい婚約指輪

婚約指輪を日常的につけない女性も多数

婚約指輪「ロゼット」

プロポーズや婚約の際に贈られる婚約指輪と、結婚式で愛の誓いとともに交換する結婚指輪。
結婚から数年を経た先輩花嫁にリサーチすると「結婚指輪は毎日つけているけれど、婚約指輪は出番がない」「婚約指輪をつけるのは、女子会ランチや友人の結婚式など“お出かけ”の時だけ」という声を耳にします。

しかし、はじめて左手薬指に婚約指輪をつけた時の喜びや感動は、人生で最高の思い出のひとつであるはず。仕舞い込んでしまって出番が少なくなるのは残念なことです。

デイリーで楽しめるような婚約指輪は、どのように選べばよいのでしょうか?
これから婚約指輪を選ぶ方に参考にしていただきたい重ねづけ=セットリングについてご紹介します。

婚約指輪をデイリーに楽しむには?
選び方のポイント

ダイヤモンドの台座が低いものを選ぶ

まず婚約指輪単体でも日常使いしやすいことを考えるなら、センターのダイヤモンドをセットする台座が低めのデザインを選ぶこと
台座をグッと持ち上げてデザインされたソリティア(一粒石)リングは、華やかですが日常生活の中では服や髪に引っかかりやすかったり、浮いてしまったりする場合があることを知っておきましょう。

結婚指輪との重ねづけ(セットリング)

婚約指輪の出番を増やし、日常生活の中で楽しむためにおすすめしたいのが、リング選びの時から結婚指輪とセットづかいできるデザインを選ぶこと。毎日のさまざまなシーンで気軽に重ねづけを楽しことができます。

ジュエリーブランドの中には、婚約指輪と結婚指輪が重ねづけできるデザインを提案しているところもあります。2つのリングが美しく重なるようにデザインされていて、もちろんそれぞれ単体でも使用可能。
別々のデザイン、別々のブランドでそれぞれを購入するよりも、最初から重ねづけできるデザインを選ぶことで出番は格段に拡がります

セットリングでなくても重ねづけできる?

セットリングでなくても婚約指輪と結婚指輪の重ねづけはもちろん可能です。
ただし結婚指輪がVラインなのに婚約指輪がストレートライン……といった場合、無理に重ねることで指当たりが良くなかったり、それぞれのリングがぶつかって傷ついてしまうことも
セットリングは選ばないけれど重ねづけを楽しみたいという場合は、後に購入する結婚指輪選びの際に必ず婚約指輪も持参して、重ねての試着をするようにしましょう。

重ねづけ(セットリング)のメリット

婚約指輪の登場シーンを増やせる

セットリング「エメ」

婚約指輪と結婚指輪が美しく重なるセットリングの最大のメリットは、単体では出番が少なくなりがちな婚約指輪の登場シーンを増やせること。
予算をかけて頑張って購入した婚約指輪はタンスのこやしになってしまうのは何よりもったいないですよね。
同じ価格のリングでも年に数回しか出番がないのと毎日のように身につけるのではコストパフォーマンスが全く違います
そして、婚約指輪のダイヤモンドの輝きを日常生活の中で自分の目で確かめられることは、プロポーズされた日の幸せを思い出し、毎日を明るく、楽しくしてくれる効果もあるのです

華やかなコーディネートが楽しめる

さらにセットリングのもう一つのメリットが“華やかさ”。
年齢を重ねていくに従って、華奢な婚約指輪や細めの結婚指輪は、単体だと物足りなくなってしまうケースもあります。そんな時、婚約指輪と結婚指輪を重ねづけすれば、存在感や華やかさがアップ。先輩花嫁からは、お友達の結婚式や子どもの入学・卒業などフォーマルな場面でセットリングをつけて出かけると映える、という声も寄せられています。もちろん日常の中でもセットリングは活躍。 ライフステージが上がってもずっと似合い続け、楽しみ続けることができるはずです。

重ねづけに順番はあるの?

婚約指輪と結婚指輪の重ねづけにルールはありませんが、セットリングを展開している多くのジュエリーブランドが、結婚指輪を下に結婚指輪を上にして重ねることを前提にデザインしています。
これには、永遠の愛を誓って交換した結婚指輪に込められた思いを、婚約指輪のダイヤモンドで蓋をして留める、という意味もあるようです。

重ねづけ前提のデザインが綺麗&快適

CAFERINGでは婚約指輪と結婚指輪の両方を日常の中で楽しんでいただきたいという考えのもと、セットリングという言葉が一般的になるずっと前から、重ねづけを前提としたブライダルリングを企画、開発してきました
2つのリングがお互いを引き立てあい、ぴったりとセットできるデザインは、美しさはもちろん、つけ心地のよさも計算されていて、特別なお出かけの場面だけでなくデイリーに重ねづけを楽しめます。

婚約指輪と結婚指輪のおすすめセットリング5選

流れるような美しいラインが寄り添う、セットリングの真骨頂

セットリング「ノエルブラン&ノエル」を詳しく見る

CAFERINGのセットリングで人気の高い、ノエルブランの婚約指輪とノエルの結婚指輪のセットリング。
センターストーンに向けて左右からゆるやかに広がる婚約指輪のカーブと指を美しく見せる結婚指輪の絶妙なラインが、重ねづけすることで美しく寄り添います

すっきりと直線的なラインの重なりがダイヤモンドの存在感を強調

セットリング「ラブスタイル&ディア」を詳しく見る

プラチナリングの上部にダイヤモンドをセット、下にはぐるりと小さなダイヤモンドをあしらった“LOVE STYLE”には、同じくリングの下部にぐるりと小さなダイヤモンドをセットした“Dear”を重ねて。
セットリングというとV字やU字などカーブを描くラインのリングが主流ですが、まっすぐのラインを重ねることでダイヤモンドの存在感が強調され、モードな雰囲気が漂います。

王道のシンプルソリティアこそ自分らしい重ねづけを楽しんで

婚約指輪「ロゼット」結婚指輪「クラフティ」

CAFERINGを代表する婚約指輪“ロゼット”。一見、シンプルなソリティア(一粒石)リングですが、爪の部分を極力減らし、ダイヤモンドの露出面積を最大限にして輝きを最大限に引き出す工夫が施されています。
CAFERINGでは、このシンプルな婚約指輪に寄り添うように計算された結婚指輪を何種類もご用意しています。
今回、重ねづけしたのはエタニティスタイルの結婚指輪、“クラフティ”。婚約指輪のダイヤモンドの輝きと結婚指輪のダイヤモンドの煌めきが一体となって幸福な手もとを演出する、まさに一生ものにふさわしいセットリングです。

ピンクダイヤモンドが放つ愛されオーラの相乗効果

セットリング「ローブドゥマリエ」を詳しく見る

ハッピー感いっぱいのセットリングといえば“ローブ ドゥ マリエ”。
近年、ますます希少価値が高まっているピンクダイヤモンドを、色、サイズ、クオリティを厳選して調達することができるのは、CAFERINGならではです。
センターストーンの脇に小さなピンクダイヤモンドが可憐に寄り添う婚約指輪に、5石のダイヤモンドがローズピンクからサクラピンク、そしてピュアなホワイトダイヤモンドと流れるようなグラデーションを描くようにセットされた結婚指輪を重ねて

大好きなモチーフを重ねて個性と華やかさを演出

セットリング「パピヨン33&42」を詳しく見る

婚約指輪=ダイヤモンドのソリティア(一粒石)リング、結婚指輪=プラチナやゴールドのシンプルリング、という決まりはありません。
毎日ずっと身につけるブライダルリングだからこそ、お気に入りのモチーフを選ぶのも素敵です。
“パピヨン”は愛らしい蝶のモチーフのリング。
デザイン性の高いリングを2本重ねることで、自分らしい個性と華やかさを主張できます。

幸せで上質な日々を、
CAFERINGのセットリングとともに

「これからの結婚生活の中で、時にはケンカをすることもあるかもしれません。そんな時、左手薬指のブライダルリングを目にすることで、愛されていることや幸せなウエディングのシーンを思いだすためにも、婚約指輪や結婚指輪はいつでもずっと身につけられることが大切です。セットリングで出番を増やすことで、毎日が幸せに輝きますように」と、クリエイティブ・ディレクターの青木千秋。
ふたりで寄り添って暮らすことが当たり前になっていくように、2本のリングを一緒に重ねづけするちょっと上質な日常を、セットリングで手に入れてください。

※当サイトに掲載されている写真、イラスト、文章等すべてのコンテンツの無断複写、無断転載を禁じます。
引用は参照元としてURLかサイト名を明示の上、適正な範囲内でお願いいたします。

ABOUT USカフェリングについて

She is a Jewellery

「日常を少しだけ上質に」
銀座プラチナジュエリー専門店が贈る
心地よいブライダルリング

CAFERING TOP