プラチナとは?ホワイトゴールドとどう違うの?

2020.10.14
プラチナ
婚約指輪や結婚指輪の素材として、最も適している、プラチナ。
どんな素材なの? なぜ婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)に向いているの?
そんなプラチナに関する疑問に、プラチナジュエリー専門店であるCAFERINGがお答えします。
プラチナとは?メインイラスト

「プラチナ」って、どんな金属?

プラチナとホワイトゴールドの違い

ジュエリーに使用される貴金属は、主にプラチナかゴールドです。
カジュアルなアクセサリーにはシルバーが使われることがあり、また、最近はチタンなどを使ったジュエリーや時計も存在しますが、婚約指輪や結婚指輪は、ほとんどがプラチナかゴールドを素材にしていると考えて良いでしょう。

ゴールドは、もともと金色=イエローカラーの金属です。ホワイトゴールドのジュエリーの場合は、そこに他の金属を混ぜて白い色をつくり出します。
一方のプラチナは、人工的なものではなく、天然の白い貴金属。ですので、時を重ねても変色することがありません。

さらにプラチナは、粘り強い性質を持っており、細く小さな爪でもしっかりとダイヤモンドなどの宝石を留めることができます。繊細な細工にも適しているので、職人の技を生かしたさまざまなデザインを楽しむことができます。

また、同じ大きさと形のリングをプラチナとゴールドで製作した場合、プラチナの方がずっしりと重量感があります。その重みが、永遠の愛の誓いを託した婚約指輪や結婚指輪にふさわしい頼もしさや満足感につながります。

プラチナがブライダルリングに
選ばれる理由

純度とアレルギー耐性の高さ

プラチナやゴールドの素材をジュエリーに仕立てる場合、強度を保つために他の金属を混ぜる必要があります。
一般的なゴールドジュエリー のK18は75%が金、25%がその他の混ぜものであるのに対し、一般的なプラチナジュエリーのPt900は90%がプラチナ。Pt950では95%がプラチナ です。
純度が高いからこそ、ピュアな輝きを放ち、純粋な愛を託す婚約指輪や結婚指輪の素材に適しているのです。

さらに純度が高く、混ぜものが少ないことは、アレルギー耐性にも影響します。
CAFERINGのブライダルリング(婚約指輪、結婚指輪)に使用されているプラチナは、医療にも使用されているパラジウム、ルテニウムを配合に使用。配合の詳細の開示も行なっておりますので、金属アレルギーをお持ちの方は指輪選びのご参考になさってください。
(※すべての方にアレルギーが起きないわけではありません。医師とご相談の上、お求めください)

1トンの原鉱石から3グラムしか採れない希少さ

プラチナ原鉱石

プラチナは、南アフリカ共和国などの限られた地域でしか産出されません。
採れる量も少なく、有史以来、人類が手にしたプラチナをすべて合わせても、たったの7000トン程度。オリンピックの競技用プールに注いだら、足首がつかるくらいの量しかありません。

婚約指輪や結婚指輪に使用する3グラムのプラチナを抽出するには、写真のようなプラチナの原鉱石が1トンも必要で、原鉱石が地金になるまでには8週間もの時間がかかります。
膨大な時間と手間をかけた希少性の高い貴金属、プラチナ。だからこそ、一生の宝物となる婚約指輪や結婚指輪の素材にふさわしいのです。

変色・変質の心配のない、
変わらない美しさ

プラチナは化学的に安定していて、日常生活の中で変質、変色の心配がないのも大きな魅力です。
シルバーのように錆びることもありませんし、温泉の硫黄分や消毒液、漂白剤、プールの塩素や汗などを気にせず身につけられます。

プロポーズや婚約、結婚式の時の大切な思い出とともに、何年経っても、何十年の時が過ぎてもピュアな美しさを保ち続けることができる素材。
さらに、プラチナの白い輝きはトレンドに左右されにくく、また、カジュアルにもフォーマルにもオフィスなどのワーキングシーンでも上品でさりげない印象を与えるのでファッションや場面を選ばず、ずっと毎日身につけることができます。

Pt900・Pt950・Pt800って、
どんな意味?
何が違うの?

ジュエリー に使用されるプラチナには、Pt900・Pt950・Pt850があります。
これは、強度を保つためのプラチナ以外の金属がどのくらいの割合で配合されているかを示す表示で、最低でも純度が85%以上のPt850出なければ、プラチナジュエリーとは、認められません。
CAFERINGのブライダルリングは、より高純度の、Pt900(プラチナが90%)と、Pt950(プラチナが95%)からお選びいただけます。

同じプラチナでも
「配合」で性質が変わる
美しさと強度を両立させる、
CAFERINGの「ハードプラチナ」

よりピュアで美しく、ジュエリーとしての強度の高いジュエリーを目指して。
同じPt900やPt950でも、どんな素材をどのくらい配合するかは、メーカーやブランドによってそれぞれ異なります。
プラチナジュエリー専門店であるCAFERINGでは、プラチナの美しさが最大限に際立ち、ダイヤモンドの輝きを引き立て、変形しにくい強度をもつ、独自配合の「ハードプラチナ」を開発。すべての婚約指輪、結婚指輪にこのハードプラチナを使用しています。
アレルギー性にも配慮した配合で、毎日の中でより多くの方に安心して身につけていただけることを願っています。

さらに、CAFERINGはプラチナジュエリー専門店として、さらなる挑戦も行なっています。
東京理科大学基礎工学部との共同研究により、ピュアな白色にカラーバリエーションを与え、ピンク、ブルー、イエローの色相をもつプラチナの開発に世界で初めて成功し、「ピンクプラチナ」で特許を取得しました。
今、プラチナの婚約指輪や結婚指輪をお求めいただいたお二人の何周年目かのアニバーサリーには、カラープラチナのジュエリー を手にしていただくことができるかも知れません。

プラチナリング

ABOUT USカフェリングについて

She is a Jewellery

「日常を少しだけ上質に」
銀座プラチナジュエリー専門店が贈る
心地よいブライダルリング

CAFERING TOP